世界最速のエレベーター

実は、エレベーターの技術は日本が一番進んでいる、ということをご存知でしょうか。
ビルも最近は上へ上へとどんどん伸びてきている時代です。


ところが、ビルが超高層になってくると、超高速のものが必要になってきます。

現在、上りの速度で世界一なのは、台湾の台北101(508メートル)にあるもので、速度は分速1010メートル(時速60.6キロ)のエレベーターだそうです。

東芝製で「世界最高速」としてギネスブックにも載っているのだそうです。

それ以前に世界一だったのが、横浜ランドマークタワー(296メートル)のエレベーターで、分速750メートル(時速45キロ)。こちらも三菱電機製です。


今までの世界一は日本だったのです。これは世界にもっと誇ってもよかったのだと思うのですが、日本人は謙虚な民族なのかあまり知られてはいないようでした。

あなたが探していたエレベーターのリニューアル情報選びをお手伝いするサイトです。

これは残念なことです。



ただし、下りも分速750メートルで、いまも下りの速度としては世界一です。


また、2014年には、上りの世界一が入れ替わる予定です。三菱は2月、分速1080メートル(時速64.8キロ)のエレベーターを開発したと発表しました。

14年完成予定の上海中心(632メートル)に納入する予定です。
大林組が2月に発表した「宇宙エレベーター」という構想は、実現すれば高さも速さも地上のものとしてはけた違いになります。

高度3万6000キロのという上空の静止軌道上に宇宙船を到達させて、そこから強く軽いカーボンナノチューブ製ケーブルを地球に向かって垂らし、海上の発着場に固定する予定。

クライマー(乗り物)がケーブルを上り、静止軌道上に宇宙ステーションを建設する予定です。
宇宙側にのばしてバランスを取る部分を合わせると、ケーブルの長さは9万6000キロに達するとうから驚きです。